本文へスキップ

調査項目|大阪の探偵事務所シークレットリサーチ

無料ご相談ダイヤル 0120-930-365

採用・雇用・リクルート 調査BACKGROUND_CHECK

大阪の探偵「総合探偵社シークレットリサーチ」の採用・雇用・リクルート調査

欧米では「バックグラウンドチェック」と呼ばれる調査が採用時に行われていることはご存知でしょうか。採用時に犯罪歴のあるものの雇用を避けて採用したいと思うのは当然の事です。日本でも外資系の企業ではこのバックグラウンドチェック(採用調査)が広く採用されています。
犯罪率が日本とアメリカでは違いますが、企業にとってマイナスに働く要素はできるだけ排除しておきたいのはどの経営者も同じではないでしょうか。

同様な調査を「採用・雇用・リクルート調査」として行っております。
どのような事を調査するかといいますと

  • 経歴(詐称の有無)
  • 性格や素行
  • 健康状態
  • 勤怠状況
  • 能力
  • 退職理由
  • 破産歴
  • 犯罪歴


となります。
中途採用に至っては経歴に約6割の何らかの詐称が見られており(弊社調べ)、働いてもいなかった社名を、過去に働いていたかのように申告するような不誠実な人物も多く見られます。
調査会社の立場からすると、人事担当者は履歴書、面接などで合否を判断するわけですが、履歴書、面接上だけで判断する事は非常に危険な行為だと感じています。
採用を勝ち取るために詐称をする気持ちは理解できないわけではありません。
しかし詐称をしなければならなかった理由を考えてみてください。
そこに採用に不利になる事実が隠されていたのなら詐称をせざるを得なくなるでしょう。
その事実が、たとえば「犯罪を起こして刑務所に収監中だった」という理由で、その理由を隠すためにその期間とある会社に勤務していた事にしていたとしたら、採用されますか?
また面接では大変好印象だった人物が実は前職で横領を働いており、多大な損害を前職場に与えていた事が採用時に判明していたら、採用されますか?

一度採用してしてしまった場合、問題が起こった場合でも簡単に解雇はできません。確固たる証拠がなければ「不当解雇」として労働裁判に至ってしまう事もあります。
そうなると多大な時間とお金を費やすだけでなく、会社のイメージ損失に繋がりかねません。

総合探偵社シークレットリサーチの採用・雇用・リクルート調査は人事部の声を取り入れ、「ただ単にだらだらと枚数を多くしただけの読みにくい報告書」でなく、「必要な情報部分を端的に分かりやすい調査報告書」で報告させていただいており、大変好評を得ております。

採用・雇用・リクルート調査導入をお考えの法人様はお気軽にご相談ください。

関連記事 従業員の素行調査のページ

大阪の探偵「総合探偵社シークレットリサーチ」のお問い合わせ先

無料ご相談ダイヤル  0120-930-365 

お問い合わせ お問い合わせフォーム

ブログで探偵の仕事内容について公開しています。


大阪の探偵「総合探偵社シークレットリサーチ」  

バナースペース

総合探偵社
シークレットリサーチ

〒590-0075
大阪府堺市堺区南花田口町2-2-3
オプレント堺東ビル1B

TEL 0120-930-365
FAX 072-269-4909

大阪府公安委員会 
62175962
大阪府届出済み


調査エリア
大阪府内・探偵 大阪市内・探偵 堺市・探偵 和泉市・泉大津市・探偵 岸和田市・貝塚市・泉佐野市・忠岡町・高石市・熊取町・田尻町・泉南市・松原市・藤井寺市・富田林市・羽曳野市・大阪狭山市・河内長野市・東大阪市・探偵 神戸・兵庫県全域・探偵 京都府全域・探偵 和歌山県全域・探偵 奈良県全域・探偵 滋賀県全域・他府県



大阪弁護士会総合法律センター
大阪市北区西天満1-12-5




弊社も執筆しております。
夫婦問題専門キュレーションサイト