本文へスキップ

教えて!探偵FAQ|大阪の探偵はシークレットリサーチ

無料ご相談ダイヤル 0120-930-365

離婚の質問DIVORCE

離婚したら配偶者の借金はどうなるのでしょうか?

Q:夫の浮気が原因で離婚を考えるようになりました。
ですが夫には借金があり離婚してからも夫の借金に付きまとわれる事になるなら正直、このまま我慢するしかないのかなとも思います。
離婚したら配偶者の借金は、どうなるのでしょうか。引き続き払っていかないといけないのでしょうか。また築き上げてきた財産は半分になると考えたらいいのでしょうか。


A:お答えします。

大阪の総合探偵社シークレットリサーチがお答えします

離婚が成立すると「財産分与」の請求ができます。財産分与は婚姻期間中に築き上げた共同財産を貢献度の具合によって分け合う事です。基本的にはに夫婦の財産は等分分配されます。
婚姻期間中の財産ですから、婚姻前から所有していた財産や遺産相続分などは財産分与の対象になりません。
財産分与の対象になるものとならないものを整理してみましょう。

財産分与の対象になるもの
  • 預貯金
  • 不動産
  • 有価証券
  • 年金
  • 保険
  • 婚姻期間中に居住用に購入した建物の住宅ローン
  • 生活費のために借りたお金

などです。
財産分与は協議によって取りきめができるのであればそれが一番簡単です。
例えば家や車を売って、売れたお金を半分にする、預貯金を半分にする、などの協議になると思います。
ですが、計算方法の誤りなどもあるので難しい場合は弁護士に委任した方がお金の話は綺麗に纏まります。
財産分与の取り決めが決まった場合は公正証書にしておいた方が良いかと思います。

また借金についてですが、配偶者の借金がどのような内容の借金がわかりませんので、支払いを続けることになる可能性がある借金について説明します。

●住宅ローン
住宅ローンなどのマイナス分も財産分与の対象になります。どちらかの名義であったとしても財産分与の対象になりますので払い続けることになる場合があります。

●生活費のやめに借りたお金
また生活のために背負った借金は「夫婦の一方が日常の開示に関して第三者とした法律行為については、もう一方が連帯して責任を負う」とされており、保証人になっていなくても夫婦の一方は連帯して責任を負担することがあります。

●連帯保証人になっている場合
そして、どういうお金にしろ配偶者の借金の連帯保証人になっている場合は無条件で返済義務が継承されます。

このようなケースは払い続けなければならない可能性はあります。
ですが協議の上で不貞が理由で離婚を考えていらっしゃるのでしたら、借金の金額にもよりますが、協議の上不貞の慰謝料分と相殺になる可能性もありますので弁護士にお任せした方がいいかと思います。
ただしその場合、不貞の証拠が必須となります。

また、どのような借金でも連帯保証人になっている場合は返済義務はきえることはありません。

相手配偶者の単独で作った借金に対しては継承することはなく、払う必要がありません。
例えば、ギャンブルのためにした借金、風俗に通いつめて作った借金等は継承する義務はありません。
総合探偵社シークレットリサーチでは、調査後必要な方には弁護士の紹介も行っておりますのでお気軽にご相談ください。



     

大阪の探偵「総合探偵社シークレットリサーチ」のお問い合わせ先

無料ご相談ダイヤル  0120-930-365 

お問い合わせ お問い合わせフォーム

ブログで探偵の仕事内容について公開しています。


大阪の探偵「総合探偵社シークレットリサーチ」  

バナースペース

総合探偵社
シークレットリサーチ

〒590-0075
大阪府堺市堺区南花田口町2-2-3
オプレント堺東ビル1B

TEL 0120-930-365
FAX 072-269-4909

大阪府公安委員会 
62175962
大阪府届出済み


調査エリア
大阪府内・探偵 大阪市内・探偵 堺市・探偵 和泉市・泉大津市・探偵 岸和田市・貝塚市・泉佐野市・忠岡町・高石市・熊取町・田尻町・泉南市・松原市・藤井寺市・富田林市・羽曳野市・大阪狭山市・河内長野市・東大阪市・探偵 神戸・兵庫県全域・探偵 京都府全域・探偵 和歌山県全域・探偵 奈良県全域・探偵 滋賀県全域・他府県



大阪弁護士会総合法律センター
大阪市北区西天満1-12-5



弊社も執筆しております。
夫婦問題専門キュレーションサイト