本文へスキップ

教えて!探偵FAQ|大阪の探偵はシークレットリサーチ

無料ご相談ダイヤル 0120-930-365

浮気・浮気調査の質問CHEATING

GPSを使用しての調査のメリットとデメリットを教えてください。

Q:妻が日中浮気をしているようです。車のナビの履歴を見たら知らない住所があり、調べてみたらホテル街でした。日中は仕事中で妻の居場所を把握できません。
探偵に相談したらGPSの設置を勧められました。GPSを使用して調査をする場合のメリットとデメリットがあれば教えていただきたいと思います。


A:お答えします。

大阪の総合探偵社シークレットリサーチがお答えします

GPSは探偵社で調査の際に良く使用されます。
車両尾行の際に、ぴったり尾行すると運転者に不審に思われるだけでなく、信号や交通事情で失尾しないためにも大変便利な機器です。

まずGPSの取りつけで一番気になる事ですがGPS装置を取り付ける事は「違法」ではないかということです。
以前被告の車両に令状なしにで警察がGPS捜査をするのは違法であるというような最高裁の判決が下された事があります。証拠能力も否定されたのですが、浮気調査などで取りつけるGPSは配偶者の名義の車だったり、依頼者の名義の車だったりしており、夫婦の共有財産と考えるので調査の依頼を受け取りつけることはなんの違法性もありません。
しかし、探偵業者はGPSを誰の車に取り付けていいという決まりはありませんので、赤の他人に取りつけての調査は違法となります。配偶者のみとなります。

GPSを取りつけて2週間くらいはGPSのみで対象者の動きを見ます。
この履歴により、怪しい時間や曜日がだいたい判定できます。その怪しい日を狙って調査するのがベストです。
また、みちびき対応のGPSも増えている事から以前より誤差は減ってはきているものの、建物の中や立体駐車場に車を停めた場合は誤差が500メートル以上出る場合があります。
特にラブホテルは屋内に駐車場が多く、誤差が殆どといっていいほど生じます。
誤差が大きい場合近くにラブホテル街がないかどうかチェックして見るといいと思います。絶対ラブホテルにいるとは断言はできませんが、高確率でラブホテルに車を停めている可能性は高くなります。

メリットとしては、まず、対象者が何時にどこにいるのかが一目瞭然ということです。
「日曜日に友達と●●駅近くに行く」といって家を出たのに、実際は反対方向の場所に車が走っていった、なんていう嘘も判明ため不貞をしているのかどうかの確証が得られます。
また調査前に取りつける事で、だいたいの怪しい曜日や時間を把握できるのでやみくもに調査して調査料金がかさむ事を防ぐ事が出来ます
また、調査員の立場から言わせていただくと、ぴったりと後を付ける事なく尾行ができるのでばれにくく、交通事情等で、例えば信号が赤になる直前に相手が通過してしまった場合無理に追うと怪しまれるだけでなく道路交通法に違反する可能性があります。そういう状況も防ぐ事ができます。

デメリットとしては、配偶者の車にGPSを取りつけたものの、どこかで相手の車に乗り換えてしまった場合。
こうなったらGPSは同じ場所に停まったまま動きません。乗り替え後どこに居るのかが一切分からなくなります。
調査では、乗り替えた場合、乗り替えた車を直接追尾する事になります。
細い路地をくねくねと走られ後方からの尾行が著しく困難になったりたり、信号等などでひっかかったりすると尾行が困難になる可能性があります。

誤差が生じる事もデメリットの一つです。
ラブホテルに停まっていてもピンポイントでそのホテルを指す場合と、500m以上もの誤差を生じて指す事もあります。
調査員に尾行させずにGPSのみで調査をする場合、「ここのホテル街にいるかもしれない」という程度の証拠しか得られません。ホテル街の近くにイオンなどのショッピングセンターがあったとしたら、そのショッピングセンターの立体駐車用内にいる可能性も捨てきれません。

また、オイル交や車検などで車屋さんなどに入庫される場合は要注意です。
整備工に見つかって車の持ち主である配偶者に手渡される可能性もあり、GPSをつけていた事がばれてしまう可能性もあります。
車屋などに入庫するような時は外しておいた方が賢明です。


慰謝料請求等を視野に入れる場合はGPSの位置情報、いわゆる車両のおおよその位置だけの証拠では慰謝料請求はできません。調査員を入れた浮気調査を行い、「車両の位置」でなく「対象者のいる場所」を明確にしホテルの出入りなど不貞の証拠を撮る事が重要になります。

GPSはご自身で取りつけは可能です。
プロ仕様でないものになりますが十分機能は使えるもがレンタル等で出回っています。
探偵事務所でもGPSのレンタルだけを行っている社もあります。
調査となれば探偵事務所が自社の物を取りつけることになると思いますが(探偵社によってGPSレンタル料がかかる場合があります)、まずはご自身で配偶者の不貞の疑惑を確証に変えたいと思われるようでしたらレンタルされるのもいいかと思います。
くれぐれも配偶者に見つからない場所に取りつけしましょう。

大阪の探偵「総合探偵社シークレットリサーチ」のお問い合わせ先

無料ご相談ダイヤル  0120-930-365 

お問い合わせ お問い合わせフォーム

ブログで探偵の仕事内容について公開しています。
大阪の探偵「総合探偵社シークレットリサーチ」

バナースペース

総合探偵社
シークレットリサーチ

〒590-0075
大阪府堺市堺区南花田口町2-2-3
オプレント堺東ビル1B

TEL 0120-930-365
FAX 072-269-4909

大阪府公安委員会 
62175962
大阪府届出済み


調査エリア
大阪府内・探偵 大阪市内・探偵 堺市・探偵 和泉市・泉大津市・探偵 岸和田市・貝塚市・泉佐野市・忠岡町・高石市・熊取町・田尻町・泉南市・松原市・藤井寺市・富田林市・羽曳野市・大阪狭山市・河内長野市・東大阪市・探偵 神戸・兵庫県全域・探偵 京都府全域・探偵 和歌山県全域・探偵 奈良県全域・探偵 滋賀県全域・他府県



大阪弁護士会総合法律センター
大阪市北区西天満1-12-5




弊社も執筆しております。
夫婦問題専門キュレーションサイト